WEBにおける勤怠管理で承認漏れがわかりやすい

WEBにおける勤怠管理で承認漏れがわかりやすい マネジャーの仕事としては、部下の管理をすることです。ただしマネジャーの仕事はそれだけではありません。ですから、楽しごとに追われて、ある仕事が遅れてしまうことがあります。よくあるのが、部下から何らかの申請を受けているにも関わらず、その承認をすることが出来ない状態です。部下としては、その承認がないと仕事が進められないので困ることになります。部下からの催促によって、ようやくできることもあります。部下が多い人も、そのチェックをするのが大変なことがあります。忘れていることを知らせる仕組みがあると、忘れていても忘れたままになることはありません。気がついたときい行うことが出来ます。社内の業務もスムーズに進められるようになります。

WEBを利用した勤怠管理システムが用意されています。打刻に関しては、リアルタイムにサーバに入力される仕組みです。今までのようなタイムカードで打刻するタイプではありません。リアルタイムですから、朝に出勤をした打刻について、既に入力がなされています。上司としては、その承認を行います。また、前日の退勤の承認も行います。もし行うのを忘れていると、行っていない旨のメールが届くようになっています。それによって、忘れるのを防ぐことが出来ます。こういった承認に関しては、ためてしまうと管理がおざなりになってしまいます。その時ごとに問題があれば解決するようにします。不信な残業があったりすれば、そのときに追求しないと減らすことが出来ません。

承認をサイト上から行うことができるのですが、その他、勤務状況についても知ることが出来ます。最も知りたいところとしては、遅刻時間が多くないかであったり、残業時間が多くないかなどです。これについても、一定時間や割合を超えたときにメールで知らせてくれます。一応フォームでも見ることが出来ますが、見ただけではわからないこともあります。異常な数字の部下がいるときに、それを伝えて、そのときに解決できるように出来ます。

関連記事・情報